2019年07月10日

そう思えてるなら良かった

...未だに、スピッツ好きな人のブログ読んでたりする。


この間マサムネ、昔の曲(「トンビ飛べなかった」)をかけるときに
「今聴くと、ホントに下手だなあと思いますが、それはそれで、若いロックシンガーのドキュメントとして聴いてください」

ってさ。

。。。
漫遊前の一曲は、スピッツで「トンビ飛べなかった」(1991年、1stアルバム『スピッツ』)。
 草野「今聴くと、ホントに下手だなあと思いますが、それはそれで、若いロックシンガーのドキュメントとして聴いてください」
 曲終わりに、「歌いながら、オレ、デビューしちゃっていいですか?という不安感がにじみでてますね。そのへん、感じていただけたでしょうか?」

。。。

...以前さ、
マサムネが「昔の歌を歌い直したい」って言ってたらしくて。

オレさ、「歌い直したりしたら殺す」って
リーダー田村くんに手紙送ったんだ。

(なぜ田村くん...?いやなんか、気分で。)


マサムネ、「自分の下手な曲、歌い直したい」って
もう言わないかな?良かった。

このブログ記事へのコメント。

「あなた、あの人の次に危険人物に
インプットされたかもね。
例えばなしもわからないなんて。
お大事に!」

...こーゆーコメントいう人ってさ、
「愛」についてわかってんのかな?

愛してるが故に、辛辣なことを言いたくなる時もあるんだよ。

私はただ、青いマサムネが愛おしいんだ。

もしかしたら、現在のマサムネよりももっと。

愛おしいんだよ。

たとえ本人でも、そのマサムネを殺してほしくないんだ。
(殺して、というか、世間的に抹殺。)

私は青いマサムネが愛おしい。

...だから、今マサムネがそう思えてるなら、良かった。

(今からだって、相葉裕樹に辛辣なことを言うかも!
...いや今私、休憩中だってば...)


posted by かげ子 at 17:08| Comment(0) | 手紙(推しにファンレターその他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか書いちゃうんだよねー

これさーあんま話したくないんだけどー。

この間、手紙書いた。

で、「私、試験があって勉強しなくてはいけません。
お体大事に駆け抜けてください。」
みたいに書くわけよ。

そんなん、いちいち手紙で報告しなくてもいいじゃん?
もう手紙以前みたいに手紙出せないよ、って。

なんなら、オレからの(好き好き愛してるっていう)手紙が来なくて寂しくなれよ、
ぐらいの感じだけどな!

(こっちだけ、いっぱい想ってるなんて、
ずるいじゃないのよーーー、って思うよ!)

...でもリアルマジで寂しくなられても、
こっちも嫌なんだよねー、なんかオレが悪いと思っちゃう感じ。

いや、ならねぇだろ、
いやでも、マジ寂しくなられてパフォーマンス落ちたら嫌だし...

→先程のような手紙を書いて送った。

。。。

別にさあ、疑似恋愛で、ホントじゃないんだし、
相葉裕樹とか知るか、って思うんだけどねだけどね...

なんか書いちゃうんだよねーオレ。

ああめんどくさ!!





posted by かげ子 at 03:47| Comment(0) | 手紙(推しにファンレターその他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

前提がおかしいのかもしれないじゃん

そもそも「向こうが手紙もらって嬉しい」とか
「手紙が来なくなって、"何かあったかなあ"って考えてるかも」とか、

そんなイメージ自体おかしいだろ。

向こうは

"なんだこの人?"とか
"軽くヤバい"とか
思ってるかもよ!

そもそもお前の前提がおかしいのかもしれないじゃん。

別にあんたが手紙送らなくたって、
誰も困らないんじゃないの?









posted by かげ子 at 10:59| Comment(0) | 手紙(推しにファンレターその他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

お手紙星人は手紙を出した

手紙を出したよ!!

お手紙星人はお手紙を出したよ!

はー出した出した。

なんかちょっとすっきりしたかも。

(結果は引き受けます。)





posted by かげ子 at 07:02| Comment(0) | 手紙(推しにファンレターその他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

好き勝手に手紙を書く私の話

需要があるかわかんないけど、書くよ。
さっき、ネット検索して「推し俳優に手紙を書く話」を
読んでたんで、書いてみる。

手紙。
私は、相葉裕樹様に手紙を書いています。
わりとしょっちゅう。

2日前ぐらいにも書いた。

ま、何が言いたいかというと、
「皆好き勝手書けばいいじゃん」と思うんだよね、私は。

だって私は好き勝手に書いてるから。

でも一応、「名前を見て手紙が読まれずに捨てられる」という
リスクも受け入れています。

だってそうだよね?

手紙を、好き勝手に書いて出す権利がこっちにはあって、
受け取った手紙を、好き勝手に処分する権利が受け取る俳優側にはある。

俳優だって人間。
嫌なものは嫌だろう。

生きていくため、防御しなくてはならないことも
あるだろう。

...そんなリスクを受け入れつつ、
私は好き勝手に手紙を書く。

書きたいから。

これを読んでいる人はドン引きかも。

でも私は私。

同担さんから嫌われそうな私だ。


「売れないホストか!」と書き
(「なぜ『殿』?」

「スキップとか子供のケンカか!」と書き
(「全身全霊不二周助」
私が観劇した日のカテコで殿がスキップしてたので。)

「観に来てる人に感謝が足らない!」と書いた
(「わたしたぶんひどい人」


それが私の手紙。



追記。

私は塩田今日子先生を人生の師と思っています。

塩田先生=Sun&Moonさんのブログより。
「自分のしたいことこそが、相手が自分にしてほしいことである」

...だから、私が
相葉裕樹殿を愛したいなら
相葉裕樹様に手紙を書きたいのなら

それは

「相葉様が(私に)そうしてほしいから」
なのかもしれません。

...知らないけど。

確かめようもないし!




posted by かげ子 at 06:59| Comment(0) | 手紙(推しにファンレターその他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする