2019年10月19日

推しへのファンレターでこんなことを書いた

昨日、カテゴリ手紙の名前を変えた。
「手紙(推しにファンレターその他)」にしました。

どこかのブログで
「皆、推しへのファンレターてなに書いてるのかな」って読んだので、
そんな人が検索から来やすいように。

...ま、私の事情が参考になるかはわからないんだけど。

私の推しへのファンレターを振り返ってみると

1. 好きです愛してますあなたはステキ☆

2. 説教系のこと
 (カテコでスキップとはなんだ、お前はホストか、
 自分への評価が低すぎる、など)

3. 曲+ワンフレーズ
 (自分の気持ちにフィットする曲...
 推しはいちいち検索して聴いたりしないんだろうな...
 さすがにヒゲダンの「Pretender」はわかったよね...?
 ♪グッバイ 僕は君の運命の人じゃない...♪)

...その他、なんだろう?季節の世間話、自分の旦那(外国人)のこと、
昔の自分の恋愛...書いたっけ?

そうそう、「私をあなたの下僕(しもべ)にしてください」とか
「私は××(教科書に載ってる人)のひ孫なんだよ」も書いた。

下僕、そうなんだ、私は推しの下僕で家来。
だから、(以前は特に)相葉裕樹=殿、とこのブログで表記していたのだ。

「ひ孫」については、マウンティングや私を見て、ってことじゃなく、
「あなた様を好きな私ってこんな人」ってことで、
ご自身が自信持ってくれると嬉しいと思って。
だから書いたの。

(××のひ孫、は本当です。
...でも彼、××とか知らなかったりして...そこは知らん。)


...ま、そんな感じかなー

「推し」って書いてるけど名前出してるねー私。

そうなんです、私の推しは相葉裕樹さんです。

テニミュで昔、不二周助やってて、
シンケンブルーやってて、
戦国鍋出てて、
今は、舞台中心に活躍中の俳優さんです☆

ミュージカル「レ・ミゼラブル」のアンジョルラス役を
2017年と今年2019年にやってます。

とりあえず、私、次の出演ミュージカルは見ます。

でもこれから先は、
ゆるく見ていこうかなって思ってます。

私には先立つものの限界がありすぎるし。
熱が高いときの自分んが怖いし。
ゆるいぐらいがちょうどいい。


追記。

推しは大昔にテニミュで不二先輩だったから
そして、手紙の書きはじめの時期にテニプリ(にも)ドはまりしていたから

リョーマや不二先輩のシールを貼ったりしてましたねー
あとペンギンとか海の生き物シールも便箋に。

おばちゃんなのに中学生みたいでしょ?

手紙は顔見えないから許せ。

(「許せ」のフレーズで「カフェ・ソング」が脳内再生。)


追記の追記

××は、文ストに出てます。




posted by かげ子 at 06:14| Comment(0) | 手紙(推しにファンレターその他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください